感想

明治の有名人たちと恋に落ちる……「明治東京恋伽(めいこい)」の感想/レビュー

  • POSTS
明治東京恋伽(めいこい)とは うたプリシリーズなどでお馴染みの「ブロッコリー」から発売された、 明治東京恋伽、通称「めいこい」 。 いやあ、どっぷりハマってしまいました。 スマホアプリからPSPへ移植という、新しい販売戦略。 ダミヘボイスに直接課金するうま〜いシステムには、思わず舌を巻きました。 ストアのレビューには、「課金したくなる」という旨の書き込みが多数……。 まあ、そんなビジネス的なことは置いといて。 瞬く間に人気作となり、映画化も決定しました! とにかく、面白いんです。めいこい。 ストーリー <現代から明治時代の東京へ> 「チャーリー」と名乗る奇術師の手により、 明治時代へとタイムスリップしてしまった主人公。 そこは「物の怪」が実在する不思議な世界でした。 記憶喪失となった主人公は、呆然。 元の世界へと戻る方法を探るうち、 明治時代に生きる人々との交流を深めていきます。 さらに、主人公にはある特別な能力があって……。 ロマンティックなラブ&ミステリーは必見です。 キャラクター *主人公(デフォ・綾月芽衣) 牛肉をこよなく愛する素直な少女。 *森鴎外(cv.浪川大輔) 小説家&医師&官僚というスーパーエリート。 しかし時代の先を行きすぎて(?)少々変わったところも……。 *菱田春草(cv.KENN) クールな美術学生。 普段は寡黙だが、 気に入った絵の対象を前にすると口説きまくる。 *泉鏡花(cv.岡本信彦) 戯曲家を目指す書生。 神経質&潔癖症である反面、うさぎちゃんグッズが大好き。 *川上音二郎(cv.鳥海浩輔) 役者として活動している青年。 兄貴肌の彼は、とある理由から女装をしていて……。 *藤田五郎(cv.福山潤) 警視庁で働く警察官。 無愛想な彼だが、凄腕の剣客でもある。 *小泉八雲(cv.立花慎之介) 東京帝國大学の英語教師。 大好きな物の怪の研究に熱を入れている。 *チャーリー(cv.森川智之) ミステリアスな、自称・奇術師。 松旭斎天一と名乗り、民衆の前で奇術を披露する。 感想 久々にこれぞ!というゲームに巡り合った気がします。 スキップモードのおかげでサクサク攻略。 エンディングは3種類用意されています。 ハッピーエンド以外にも心を揺さぶられ……(/ _ ; ) 正に「笑って泣いて 」を繰り返したシナリオでした。 特に気に入ったのは、主人公ちゃんの良い食べっぷり 。 明治時代のイケメンが美味しい料理をたらふく食べさせてくれるんです! もうそれだけで胸キュンです(オイッ とんでもない飯テロ乙女ゲーム でした……。 どのキャラクターのシナリオも、本当に素晴らしかったのですが……。 一番好きなのは、やっぱり泉鏡花 ! (映画も鏡花ルートを軸に書かれるそうですね) 最初はつっけんどんだった彼ですが、 途中から徐々に心を開き……。 「な、懐いてくれたああああっ!」と感動。 さらに照れ顔立ち絵が可愛いっ!乙女か! 終始ニヤニヤしっぱなしでした。 ですが個人的には、八雲さんルート は

情緒ある世界観が魅力的!「帝國カレイド-万華の革命-」の感想/レビュー

  • POSTS
帝國カレイド-万華の革命-とは こんにちは、mieです。 今回プレイしたのは、JOYSOUNDとOPERAHOUSEのタッグで生まれた 乙女ゲーム「帝國カレイド-万華の革命-」です。 スマホアプリには珍しいフルボイス!(なんとサブキャラまで!) 最初の2話は無料で、3話以降は720円の課金が必要になります。 期待に胸を膨らませ、いざ開始( ´ ▽ ` )ノ ストーリー 物語の舞台はとある帝國。(テーマは大正浪漫) 登場人物たちは日本名ですし、服装も和洋折衷といった感じ。 田舎暮らしをしていた主人公は、 ある日、帝國を統べる兄の元へと来るように言われます。 連れ去り方がほとんど誘拐!笑 命令に背くことはできず、華やかな中央都市へと来た主人公。 しかし、優しかった兄は変わってしまっていました。 兄が行っていたのは、冷徹な独裁政治。 民衆は不満を募らせ、国全体を不穏な雰囲気がとりまいています。 そんな中、切なくも甘い恋の物語が始まっていくのでした。 キャラクター *主人公 16歳。心優しい少女だが、少々世間知らず。 *丹葉桐己(cv.柿原徹也) 気さくで優しい喫茶店の店主。 *吉峯螢(cv.増田俊樹) 主人公の家庭教師。亡国の皇子で、やや意地悪。 *世良皇一朗(cv.江口拓也) 主人公の護衛。真面目で頑固な性格。 *渡川景光(cv.豊永利行) 天崎の側近で、幼馴染。天崎の政治方針を心配している。 *天崎奏嗣(cv.津田健次郎) 主人公の兄で、帝國の最高権力者。冷徹な独裁をしている。 最初は、「なんか冷たい人が多いなあ……」という印象でした。笑 しかし、だからこそデレた後のギャップがたまりません! 天崎奏嗣√の感想 まず最初にプレイしたのは、主人公の兄である天崎奏嗣ルート。 ボイスが津田さん&兄キャラということで、即決でした(≧∇≦) 攻略も簡単で、1週目からハッピーエンド! シナリオもかなり良かった。 奏嗣……なかなかデレなくて糖度低めかな?と思ったのですが…… ここぞ!という時にチラッと優しくなるんです、ハイ。 痒いところに手が届くというか……笑 「そう、その言葉が欲しかったの!」と一人悶える(つД`) 本編とエンディング後のギャップがやばいですね。 どんだけ溺愛してるの!?って。 ニヤニヤしちゃいます。 ただ、1つ残念だった点があって。 ネタバレになるので詳しくは書けないのですが、 話の中で主人公が急にある行動に出るんです。 それがあまりに突然すぎて、感情移入できす……。 「ちょっと待てよ(真顔)」という感じでした。 行動の理由はあとで説明されるんですが、 うーん、 それでもあまり納得できませんでした。 まあ、津田さんボイスが素敵だったからそれも許すか。笑 (あと、フルボイス故の問題かもしれませんが、 時々笑えないくらいサブキャラの演技が酷かった) とはいえ、スマホゲームとしてはかなりのハイクオリティ。 イラストも美麗で引き込まれます。 趣のあるロマンティックな恋にときめきたい人にはオススメです!