フィリピン滞在でネックになる「食問題」。

フィリピン料理の特徴

フィリピンで長期滞在する人が直面する大きな問題………。

それは、ズバリ「 」です。

フィリピン料理は日本食とは大きく特性が異なります。

代表的な特徴は以下の5つです。

  • 甘い (例:焼き魚にかかっているソースが甘い)
  • 辛い (例:海鮮料理が激辛チリソースで煮込んである)
  • 脂っこい (例:豚の炒め物が油でギトギト)
  • 味が濃い (例:米がないととても食べられない)
  • 米の比率が高く、米が美味しくない (例:ピザセットにも米がついてくる)

日本人にとって特にキツいのは「味が濃い」「脂っこい」ところですね。

日本人にはちょっとつらいかも

おいしいかどうかというのは個人の味覚にもよりますが、

私の周りだと10人中7人くらいは「一回で十分」か「我慢すれば食べれる」と言っていました。

さらにフィリピン人の先生ですら「店で出る料理はまずいのでいつも自炊してる」と言っている人がいました。


そして、考えてみてください。

どうして日本にはたくさんのアジア料理(中華、韓国、タイ、ベトナム)があるのに、フィリピン料理専門店を見かけることが少ないのか……。

解決方法

ファストフード最強

私がこの食問題に苦しんだ際、よく利用したのが

  • Jollibee(ジョリビー)
  • Chowking(チョーキン)
  • Burger King
  • Greenwich

などのファストフード店でした。

※ マクドナルドにも行ったのですが、なぜか日本のバーガーとは味が異なり、ややローカライズされたソースが使用されていたため、1度しか行っていません。


日本だと

ファストフード = そこそこの味

というイメージがありますが、

フィリピンの場合だと


  • ある程度のクオリティが保たれている
  • 誰もが好む普通の味
  • 「塩っぱい」系の味も食べられる
  • 安い
  • アクセス良好


という利点から、かなり重宝されます。

「予想した味が出てくる」という安心感

ファストフードのメニューの中には、基本「食べられない」料理はありません。(当たり前ですが)

しかし、フィリピンにおいてはそれこそが重要なことなのです。


地元のレストランに入った時の

「甘すぎたらどうしよう……」

「辛すぎたらどうしよう……」

「ギトギト脂だったらどうしよう……」

という不安から解放されるだけでも、来る価値があるというものです。

フィリピン料理にまいった方は、ぜひファストフードの利用を検討してみてください。