寮の質は学習の質に影響する

寮なんて寝るだけ……。

そう思っていた私ですが、フィリピンで複数の語学学校に留学し、

寮の質は学習の質にも影響することに気づきました。

今回は私が行った中でも最も充実した施設を持っていた、バギオの学校PINESの寮を紹介します。

パインスの寮はどこがいいの?

ポイント1 学習机がしっかりしている → 自習しやすい

百聞は一見に如かず。

まずはパインスメインキャンパスの4人部屋にある、デスク周りを見てください。



広々としていて清潔感があります。

(このレベルの綺麗さは、フィリピンの学校では珍しいかも……)

椅子だけは残念ながら快適とは言えませんが、クッションや枕などをお尻に敷けば十分長く勉強できます




机の前には2口のコンセントが。

(口の形は日本と同じです)



デスクの隣にあるもとても広いです。

ルームメイトの様子を見ると、ここに日用品、本類、お菓子などを置いている子が多かったです。



デスクの横には、洗濯物をかけられるスペースと、貴重品を入れられるロッカーがあります。

※ロッカーの鍵は持参するか、学校のスタッフに頼んで南京錠を借りる必要があります。



また、デスクの上にはベッドへと続く四角い空洞があります。

ベッドで充電しながら作業したい人はここに電源ケーブルの紐を通し、ベッドでリラックスしながらネットサーフィンをしていました。


学習スペースが綺麗で使いやすいため、勉強するのがとにかく楽でした。

(パインスのチャピス校の方は、この自習スペースが全く使える状態になく、自習するのも一苦労だったので……)

ポイント2 ベッドが上質 → 睡眠の質が向上

次に、ベッド周りです。



パインスはベッドを上に、学習スペースを下にという配置になっているため、

4人部屋や6人部屋でもプライバシーが守られ、ルームメイトがいてもそれほど気になりません。



こちらの木製のベッドはかなりしっかりしており、安心して眠れます。

また、マットレスも程よい硬さで寝やすいです。


パインスは平日外出禁止で勉強時間の長い、いわゆる「スパルタ校」と呼ばれる部類に入るため、

この睡眠の質の高さはかなり重要になってきます。

十分な睡眠が取れないと、せっかくのマンツーマンレッスンでも頭が回らず、ただ先生の話を聞くだけの授業になってしまう可能性が高いです。

ポイント3 風呂・トイレ別 → 共同生活でも快適

最後に、風呂とトイレを見ていきましょう。



パインスの公式動画ではこの「風呂・トイレ」がほぼスルーのような形で紹介されていたので

「なにか後ろめたい事情があるのでは……」

と勘ぐったりもしたのですが、結果的には問題ありませんでした。


ただ、風呂場の床だけは水が溜まりやすく、ハウスキーピングの後ですら若干汚いです。

その辺りが気になる方は、もっと質のいい一人部屋を選んでもいいかもしれません。



洗面台は至って普通。

石鹸置きはないので、気になる人は日本から買っていきましょう。



洗面台の横にはコンセントがあり、ここでドライヤーやヘアアイロンを使うことが可能です。


パインスのバスルームは風呂・トイレが別になっているのですが、これが地味にありがたかったです。

なぜかというと、ルームメイトが風呂に入っていてもトイレが使えるから。

特にパインスでは何度も腹痛に襲われたので、いつでもトイレが使えるのはかなり助かりました……。

パインスの寮はマジで上質

施設自体が新しいということもあり、パインスの寮はとても綺麗で過ごしやすかったです。

特に1ヶ月以上の長期滞在をされる方は、生活環境がもろに学習効率に影響してきますので、施設面ではパインスへの留学を全力でオススメします!

もしもバギオ留学をしてみたいという方は、ぜひ下記の記事も参考にされてみてください!


 →バギオのPINES(パインス)本格レビュー!フィリピン留学の光と影