セブ島留学

フィリピン料理がまずい時→ファストフード最強説

  • POSTS
フィリピン滞在でネックになる「食問題」。 フィリピン料理の特徴 フィリピンで長期滞在する人が直面する大きな問題………。 それは、ズバリ「食 」です。 フィリピン料理は日本食とは大きく特性が異なります。 代表的な特徴は以下の5つです。 甘い (例:焼き魚にかかっているソースが甘い) 辛い (例:海鮮料理が激辛チリソースで煮込んである) 脂っこい (例:豚の炒め物が油でギトギト) 味が濃い (例:米がないととても食べられない) 米の比率が高く、米が美味しくない (例:ピザセットにも米がついてくる) 日本人にとって特にキツいのは「味が濃い」「脂っこい」ところですね。 日本人にはちょっとつらいかも おいしいかどうかというのは個人の味覚にもよりますが、 私の周りだと10人中7人くらいは「一回で十分」か「我慢すれば食べれる」と言っていました。 さらにフィリピン人の先生ですら「店で出る料理はまずいのでいつも自炊してる」と言っている人がいました。 そして、考えてみてください。 どうして日本にはたくさんのアジア料理(中華、韓国、タイ、ベトナム)があるのに、フィリピン料理専門店を見かけることが少ないのか……。 解決方法 ファストフード最強 私がこの食問題に苦しんだ際、よく利用したのが Jollibee(ジョリビー) Chowking(チョーキン) Burger King Greenwich などのファストフード店でした。 ※ マクドナルドにも行ったのですが、なぜか日本のバーガーとは味が異なり、ややローカライズされたソースが使用されていたため、1度しか行っていません。 日本だと ファストフード = そこそこの味 というイメージがありますが、 フィリピンの場合だと ある程度のクオリティが保たれている 誰もが好む普通の味 「塩っぱい」系の味も食べられる 安い アクセス良好 という利点から、かなり重宝されます。 「予想した味が出てくる」という安心感 ファストフードのメニューの中には、基本「食べられない」料理はありません。(当たり前ですが) しかし、フィリピンにおいてはそれこそが重要なことなのです。 地元のレストランに入った時の 「甘すぎたらどうしよう……」 「辛すぎたらどうしよう……」 「ギトギト脂だったらどうしよう……」 という不安から解放されるだけでも、来る価値があるというものです。 フィリピン料理にまいった方は、ぜひファストフードの利用を検討してみてください。

フィリピン留学に必要だったもの、必要なかったもの【最低限の荷物】

  • POSTS
長期留学は荷物の選定が大事! セブ、バギオそれぞれで6週間の留学を行なってきたmieです。 今回はフィリピン留学に何が必要で、何が不必要だったのか、私の経験を元にお話しします。 なお、今回は「2週間以上滞在される、中〜長期留学 」のケースについて書きますので、 自分は1週間だけ!という方は、参考程度にご覧になっていただければ! それでは、留学生の荷物を フィリピン留学に必要だったもの フィリピン留学に不必要だったもの 必須ではないがあると便利だったもの の3つのカテゴリーに分けて紹介します。 フィリピン留学に必要だったもの 超必須 パスポートとそのコピー 航空券 海外旅行保険の証明書 現金またはクレジットカード(国際キャッシュカード) 入学許可書  フィリピンの入国審査ではパスポートだけでなく「帰りの航空券」や「入学許可書」をチェックされることもあります。  飛行機から降りた後は、取り出しやすいところに保管しておきましょう。 衣服類 上下服・上着 下着 水着 靴下 帽子  洋服はフィリピンでも買えるため、無理をしてたくさん持ってくる必要はないでしょう。  しかし、日本製のように質・デザイン共に優れた商品は高価なので、こだわりの強い人は持参するのをオススメします。 筆記用具 ペン、消しゴム、ノート  フィリピン留学は会話力の向上が中心になるので、基本的に筆記用具の消費量は多くないです。  わざわざ筆記用具のある店を探しに行くのも手間ですので、使い慣れたものを数個ほど持ってくるのが良いでしょう。 デイリーライフ 歯ブラシ 化粧品  フィリピンの歯ブラシはヘッドがやたらと大きいので慣れないと使いにくいです。  1ヶ月〜3ヶ月くらいであれば日本から1、2本持ってくれば足りると思います。 健康・衛生 正露丸糖衣A 新ビオフェルミンS  学校にもよりますが、私が最初に行った学校「PINES(パインス)」では腹痛に悩まされる学生が後を絶えませんでしたので、普段は腹痛と無縁の人でも整腸剤を持ってくることを強くオススメします。  (ちなみに日本食が出るセブの学校「CEGA」では一度も腹痛になりませんでした) ビタミン剤 風邪薬 日焼け止め コンタクト  フィリピンで新鮮で美味しい野菜を食べるのはかなり難しいです。

【2019年】フィリピン入国審査マニュアル 〜質問と回答例〜

  • POSTS
フィリピンの入国審査 留学生としてフィリピンを訪れたmieです。 今回は旅行者が不安を抱きがちな、空港の「入国審査」に関して詳しく解説し、 ・どんな質問をされるのか ・どう答えればいいのか の謎をスッキリ解決したいと思います。 入国審査に必要なのもの 入国審査をパスするために必要なのは以下の3点です。 ・パスポート ・機内で渡された入国カード ・帰りの飛行機チケット ・(留学生の場合)入学許可書 私の場合、帰りのチケットと入学許可書は確認されませんでしたが、場合によってはチェックされることもあるのでお手元に用意するのをお忘れなく。 帰りのチケットに関しては、必ず外国行きのものを用意してください。 帰国の日取りが定かでない場合、捨てチケットと呼ばれる近隣国行きの格安チケットを用意するのも一つの手です。 入国カードの書き方はこちらを参考にしてください。  → 各国出入国書類の書き方 | JAL 入国審査のおおまかな流れ 今回私が到着したのは、マニラにあるニノイ・アキノ国際空港。 飛行機から降りた後、人の流れに沿って入国審査の列へ進みました。 入国審査官から「Next!」と言われたら、審査スタート。 大まかな流れは以下のようになります。 ① 入国審査官にパスポートと入国カードを渡す ② 記載内容に関していくつか質問される ③ 写真を撮るためカメラを見てと言われる ④ 指紋を取るため人差し指をスキャナの上に置いてと言われる ⑤ 問題なければ荷物受け取りへ進む ⑥ 税関に申告する必要があれば、カウンターに税関申告書を提出 いくつか超えなければならないハードルがありますが、 最大のハードルは「入国審査官から聞かれる質問」です。 ここを乗り切るためにも、審査前に質問の答えを準備しておきましょう。 入国審査で何を聞かれるか 一緒に来た友人の中には 「パスポートを渡しただけで、何も聞かれなかった」 と言っている人もいましたが、私の場合はがっつり質問されました。 実際の流れはこのような感じです。 私> Hello. Here you are. こんにちは。はい、これ。 (パスポートと入国カードを渡す) 審査官> Let me see … どれどれ…… How long will you stay here? ここにどれくらいいる予定なの? 私> I’ll stay here for three months.

虫嫌いがセブに来たら気が狂いそうになった話

  • POSTS
虫と人間との終わりなき戦い 初めまして。 セブ島留学に来て2週目が経ったmieです。 今回はフィリピンにおける虫と私との壮絶な戦いに関してお話ししたいと思います。 虫嫌いでも留学したい 私がどれくらいの虫嫌いかというと ・どれだけ小さい虫でも誰よりも早く気づく ・蟻が自分の近くを這うのが許せない ・Gが部屋にいると思うと一睡もできない ・外を歩くときは常にGに対して警戒心MAX  といった感じです。 ちなみに虫に対する対応力はこの程度のレベル。 ・蟻なら直接攻撃できる ・中くらいのGなら相当頑張ればスプレー等で攻撃できる ・ただし一定以上の大きさのあるGは遠目から見ただけでガクブル  ・無理すぎて悲鳴をあげることすらできない それでも一応田舎の出身で「虫を見る」ということに関しては比較的慣れている方なので、 「まあ、数週間の滞在なら大丈夫だろう」 と高を括っていたのです。 それが悲劇の始まりだとも知らずに……。 スーパーがGだらけ 私が最もショックを受けたのが「スーパーがGだらけ」という現実でした。 部屋や外の道、語学学校で多少遭遇することに関しては覚悟していたのです。 けれど、スーパーに関しては完全に想定外でした……。 学校から一番近いショッピングモールの中に大きなスーパーが入っており、私達学生は日用品の買い足しやちょっとした雑貨の調達などによく利用していました。 外観も立派で、とても綺麗に見えるモールです。 ここなら安全だろう、と私は完全に気を抜いていました。 しかし、ある日私は見てしまったのです。 ドライマンゴーを取ろうと伸ばした手の2センチ先に、大物が一匹。 そしてそのすぐ右にもう一匹。 思わず後ずさりした足元にもう一匹、いや二匹。 気がつかなかっただけで、よくよく観察したらスーパー全体がGの巣のような状態になっていました。 これだけいるのに店内がパニックにならないところを見るに、やはりこれの状態が「わりと普通」なのでしょう。 これが部屋なら何らかの対策もできましたが、ここはスーパー。 頼れるGAYGONのスプレーを撒き散らす訳にもいきません。 「奥の商品が欲しいけれど、手を伸ばした先にはGがいるかもしれない……」 そんな考えばかりが頭をよぎり、ついに私はそのスーパーで買い物をすることができなくなりました。 蟻からは逃れられない セブで多く見かけるのはGばかりではありません。 私が住んでいる寮は比較的古く、「多少蟻が出るが、部屋でお菓子を食べたりしなければ大丈夫」ということは事前に了承していました。 まあ、蟻くらいなら……。 ちゃんと綺麗にして使えば……。 そう思っていたのも束の間、私は現実を知ることになるのです。 まず私が思い知らされたのは、 たとえ自分が部屋を綺麗に使っても、蟻は他の部屋や廊下から入ってくる ということでした。 「いつもこのあたりの壁に蟻がいるなあ……」 ある日壁や床に数匹の蟻がいることに気づいた私は、どこから蟻がやってくるのか調べ、巣が見つかれば入り口を塞いでしまおうと考えました。 そして蟻の行く末を観察していた私はあることに気づきます。 「この部屋、至る所に他の空間に続く隙間がある」 そう、蟻はこの部屋に巣を作っていたのではなく、廊下や隣の部屋からやってきていたのです。 どれだけ綺麗に使っていても蟻が減らないはずです。 床や壁を少し歩いているくらいならいいのですが、私は蟻がベッドにいるのは我慢ができないタイプ。 スタッフや学校の先生にも相談し、蟻対策用のチョーク(もちろんbaygon製)を使用することでベッドを守るようにしました。 しかし、数が数なので、当然たまにはベッドに来ることもあります。 そしてその小さな蟻が、さらなる悲劇を引き起こしたのでした。 ファントム・インセクト こんな経験をしたことはありませんか? たくさんの虫を見てしまった後、ふと自分の肌にも虫がとまっているように感じてしまう。 けれど、そこには一匹もいない……。 私はこの現象を(勝手に)ファントム・インセクトと呼んでいます。 自分が寝ているベッドに蟻がいるかもしれない不安は、私の体に度々この「ファントム・インセクト」を引き起こしました。 ある夜、眠ろうとした自分の足にゾゾッと違和感が。 もしかして蟻? と思ってすぐに確認してもそこには一匹もいない。 床や壁を這う蟻を見た後は、こんな出来事が度々起こりました。 もちろん、そんな夜は安眠できるはずもなく……。 私はたびたび寝不足で朝を迎え、先生からも心配されるように。 今は少し慣れたのか? 少しは落ち着きましたが、やはり廊下などで大量の蟻を見た後はこの症状が起こりやすいです。

フィリピンの虫対策はBaygonのチョークで決まり!【アリ・ゴキブリ】

  • POSTS
フィリピン留学は虫対策が必須 虫嫌いの皆さん、こんにちは。 虫が苦手なのにセブ島に来てひどい目に遭ったmieです。 今回はフィリピン留学の中に遭遇した虫と、その対策について紹介します。 なお、私がフィリピンで遭遇した虫にまつわる事件については、下記の記事を参考にしていただければ!↓ 虫嫌いがセブに来たら気が狂いそうになった話 フィリピンの虫事情 フィリピンでよく遭遇するのが、アリ、そしてゴキブリです。 以下は、実際に私が体験したことの一部です。 ・部屋にアリの巣の入り口がいくつもある ・放置していたペットボトルにアリが群がっていた ・最寄りのスーパーがゴキブリだらけ ・学校や寮にエグいサイズのゴキブリがいる ・ゴキブリが飛んでくる (フィリピンのゴキブリはよく飛びます) いかがですか? そこまで虫嫌いではない人でも、巨大ゴキブリと空飛ぶゴキブリに関してかなりの恐怖なのではないかと思います。 しかし、だからと言って日本製の高性能な害虫駆除グッズが手に入る訳でもない……。 そこで今回は、現地のスーパーやコンビニで手に入れることができる、効果大な対策グッズを紹介します。 虫対策の必需品、Baygonのチョーク いかにも蟻とGを一掃してくれそうな見た目をしていますね。 こちらはフィリピンで絶大な人気を誇るブランド「Baygon」のチョークです。 このチョークが、虫の抹殺、そして虫除けに大活躍なんです。 チョーク?あの黒板に書くやつ?と思った方、その通りです。 箱を開けて中を見てみましょう。 はい、めちゃくちゃチョークです。 写真のように、外装紙を少しずつ剥がしながら使っていきます。 使い方とその効果 このチョークには、以下の2つの効果があります。 ・チョークで引いた線の上を歩いたアリ・ゴキブリが死ぬ ・線で囲った場所に入ってこなくなる つまり、特定の場所に線を引いておけば、線を越えようとした虫が死に、かつ虫を寄せ付けないようになるのです。 使い方はいたって簡単。 アリやゴキブリに入って来てほしくない場所を、このチョークで囲うだけです。 分かりやすいですね。 ちなみにチョークを引くのにオススメの場所は、以下の場所です。 ・ドアや窓の周り  (廊下など外部からの侵入を防ぐ) ・ゴミ箱の周り、あるいはフチ  (食べかすなどに寄ってきやすい) ・ベッドの周り  (睡眠時に寄ってこられないように) あるいは虫をよく見かける場所をチェックして、その周りに線を引いておくのもいいでしょう。 私はアリがよく出ていた洗面台の周り、ゴキブリをよく見かけていた壁沿いにこの線を引いた日の翌日から、部屋の中での遭遇率が劇的に下がりました。 即効性が高く、実際かなり効果があるみたいです。 終わりに フィリピンではスプレー式の殺虫剤がメジャーですが、日本のものに比べるとややキツめの成分だと聞いたので、個人的にはこちらのチョークを使うことをオススメします。 指についてもすぐ洗えばかぶれることもありません。 Baygonのチョークで快適な留学ライフを!