バギオ留学

バギオのパインス(PINES)、寮が快適すぎるので紹介する

  • POSTS
寮の質は学習の質に影響する 寮なんて寝るだけ……。 そう思っていた私ですが、フィリピンで複数の語学学校に留学し、 寮の質は学習の質にも影響することに気づきました。 今回は私が行った中でも最も充実した施設を持っていた、バギオの学校PINESの寮を紹介します。 パインスの寮はどこがいいの? ポイント1 学習机がしっかりしている → 自習しやすい 百聞は一見に如かず。 まずはパインスメインキャンパスの4人部屋にある、デスク周りを見てください。 広々としていて清潔感があります。 (このレベルの綺麗さは、フィリピンの学校では珍しいかも……) 椅子だけは残念ながら快適とは言えませんが、クッションや枕などをお尻に敷けば十分長く勉強できます。 机の前には2口のコンセントが。 (口の形は日本と同じです) デスクの隣にある棚もとても広いです。 ルームメイトの様子を見ると、ここに日用品、本類、お菓子などを置いている子が多かったです。 デスクの横には、洗濯物をかけられるスペースと、貴重品を入れられるロッカーがあります。 ※ロッカーの鍵は持参するか、学校のスタッフに頼んで南京錠を借りる必要があります。 また、デスクの上にはベッドへと続く四角い空洞があります。 ベッドで充電しながら作業したい人はここに電源ケーブルの紐を通し、ベッドでリラックスしながらネットサーフィンをしていました。 学習スペースが綺麗で使いやすいため、勉強するのがとにかく楽でした。 (パインスのチャピス校の方は、この自習スペースが全く使える状態になく、自習するのも一苦労だったので……) ポイント2 ベッドが上質 → 睡眠の質が向上 次に、ベッド周りです。 パインスはベッドを上に、学習スペースを下にという配置になっているため、 4人部屋や6人部屋でもプライバシーが守られ、ルームメイトがいてもそれほど気になりません。 こちらの木製のベッドはかなりしっかりしており、安心して眠れます。 また、マットレスも程よい硬さで寝やすいです。 パインスは平日外出禁止で勉強時間の長い、いわゆる「スパルタ校」と呼ばれる部類に入るため、 この睡眠の質の高さはかなり重要になってきます。 十分な睡眠が取れないと、せっかくのマンツーマンレッスンでも頭が回らず、ただ先生の話を聞くだけの授業になってしまう可能性が高いです。 ポイント3 風呂・トイレ別 → 共同生活でも快適 最後に、風呂とトイレを見ていきましょう。 パインスの公式動画ではこの「風呂・トイレ」がほぼスルーのような形で紹介されていたので 「なにか後ろめたい事情があるのでは……」 と勘ぐったりもしたのですが、結果的には問題ありませんでした。 ただ、風呂場の床だけは水が溜まりやすく、ハウスキーピングの後ですら若干汚いです。 その辺りが気になる方は、もっと質のいい一人部屋を選んでもいいかもしれません。 洗面台は至って普通。 石鹸置きはないので、気になる人は日本から買っていきましょう。 洗面台の横にはコンセントがあり、ここでドライヤーやヘアアイロンを使うことが可能です。 パインスのバスルームは風呂・トイレが別になっているのですが、これが地味にありがたかったです。 なぜかというと、ルームメイトが風呂に入っていてもトイレが使えるから。 特にパインスでは何度も腹痛に襲われたので、いつでもトイレが使えるのはかなり助かりました……。 パインスの寮はマジで上質 施設自体が新しいということもあり、パインスの寮はとても綺麗で過ごしやすかったです。

フィリピン留学に必要だったもの、必要なかったもの【最低限の荷物】

  • POSTS
長期留学は荷物の選定が大事! セブ、バギオそれぞれで6週間の留学を行なってきたmieです。 今回はフィリピン留学に何が必要で、何が不必要だったのか、私の経験を元にお話しします。 なお、今回は「2週間以上滞在される、中〜長期留学 」のケースについて書きますので、 自分は1週間だけ!という方は、参考程度にご覧になっていただければ! それでは、留学生の荷物を フィリピン留学に必要だったもの フィリピン留学に不必要だったもの 必須ではないがあると便利だったもの の3つのカテゴリーに分けて紹介します。 フィリピン留学に必要だったもの 超必須 パスポートとそのコピー 航空券 海外旅行保険の証明書 現金またはクレジットカード(国際キャッシュカード) 入学許可書  フィリピンの入国審査ではパスポートだけでなく「帰りの航空券」や「入学許可書」をチェックされることもあります。  飛行機から降りた後は、取り出しやすいところに保管しておきましょう。 衣服類 上下服・上着 下着 水着 靴下 帽子  洋服はフィリピンでも買えるため、無理をしてたくさん持ってくる必要はないでしょう。  しかし、日本製のように質・デザイン共に優れた商品は高価なので、こだわりの強い人は持参するのをオススメします。 筆記用具 ペン、消しゴム、ノート  フィリピン留学は会話力の向上が中心になるので、基本的に筆記用具の消費量は多くないです。  わざわざ筆記用具のある店を探しに行くのも手間ですので、使い慣れたものを数個ほど持ってくるのが良いでしょう。 デイリーライフ 歯ブラシ 化粧品  フィリピンの歯ブラシはヘッドがやたらと大きいので慣れないと使いにくいです。  1ヶ月〜3ヶ月くらいであれば日本から1、2本持ってくれば足りると思います。 健康・衛生 正露丸糖衣A 新ビオフェルミンS  学校にもよりますが、私が最初に行った学校「PINES(パインス)」では腹痛に悩まされる学生が後を絶えませんでしたので、普段は腹痛と無縁の人でも整腸剤を持ってくることを強くオススメします。  (ちなみに日本食が出るセブの学校「CEGA」では一度も腹痛になりませんでした) ビタミン剤 風邪薬 日焼け止め コンタクト  フィリピンで新鮮で美味しい野菜を食べるのはかなり難しいです。

バギオのPINES(パインス)本格レビュー!フィリピン留学の光と影

  • POSTS
はじめに 6週間のフィリピン留学に挑んだmie(みい)です。 今回は私が初めてお世話になったバギオの語学学校、PINES(パインス)のレビューをしていきたいと思います。 私はメインキャンパス(main campus)もチャピス(chapis)もどちらも経験していますので、その2つを含めた感想を述べたいと思います。 良かったところも悪かったところも書いていきますので、是非参考にしていただけると! 全体の評価 バギオの韓国系スパルタ校として知られているPines International Academy(略してPIA)。 今回、私は以下のような評価をつけました。 ※最高評価は星5 メインキャンパス ・授業の内容 ★★ ・先生の質 ★★★ ・施設の綺麗さ ★★★★★ ・ご飯の美味しさ ★★ チャピスキャンパス ・授業の内容 ★★ ・先生の質 ★★★★ ・施設の綺麗さ ★★ ・ご飯の美味しさ ★ 授業の内容 最初に受けるレベルチェックテストの結果に伴い、各生徒にテキストが割り振られます。 基本的に先生はそのテキストに沿って授業を進めました。 パインスに来た当初、レベル3だった私は以下のような授業を受けました。 ・1限目 リーディング・発音 ・2限目 イディオム ・3限目 英語の定型文 ・4限目 日常会話 ・5限目 文法 ・6限目 リスニング ・7限目 リスニング 良かった点 発音・慣用句・リスニングと、全体的な英語のスキルを伸ばすことができる構成です。 英語学習を始めたばかりで 「自分の苦手分野が何なのか分からない」 「ひとまず、全体的にスキルを伸ばしたい」 という人にはおすすめです。 悪かった点 生徒から特別な要望を出せば柔軟に対応してくれる先生もいますが、基本は教科書通りです。 教科書はパインスオリジナルの特製本。 教科書通りの授業ということは、つまり教科書の質が悪いと授業の質が悪くなるという意味でもあります。 私が留学していたとき(2019年)の教科書は、6冊中だいたい3ー2冊は私に合わなかったです。 具体的にいうと、 ・内容が少なく、授業中に学べる内容が薄すぎる (1ページに1定型文、1回の授業で2パターンの文を覚えるだけ、など) ・逆に内容が多すぎる (一番やりたかった基本的な発音の練習がじっくりできなかった) ・汎用性のないイディオム・単語を多く含む (先生もこれはあまり使わないと言う、辞書で調べても出てこない、など) などの問題がありました。 独自のノウハウを生かしたオリジナルテキスト、と言うと聞こえはいいですが、 他の学校で別の教科書を使用した際は時に気にならなかったので、自社製だと当たり外れが大きいのも事実だなと感じました。

バギオ留学におすすめの服装はこれ!〜実際の気温と失敗談〜

  • POSTS
バギオのPINES(パインス)で6週間の英語留学をしてきたmieです。 今回はフィリピン留学に挑む多くの人が直面する 「ぶっちゃけバギオってどんな服着たらいいの?」 という問いに答えていこうと思います。 バギオって寒い? まず、バギオの気温ですが…… 日本人の予想以上に涼しい、むしろ寒い と思っていただいてOKです。 具体的にいうと、最高気温は年間通して20度〜25度 。 私が留学していたのは2月〜3月の期間でしたが、特に2月は長袖Tシャツや分厚い上着を着ている生徒が多かったです。 外を歩く地元のフィリピン人ですらジャケットを着ていることもしばしば。 在学中に風邪を引いた友達も何人かいたので、防寒対策は万全にしましょう。 私の失敗談 バギオは寒い! 厚手のパーカーが必要! ということは事前の調べで分かっていたのですが……。 現地に着いたとき、私は自分の失敗に気づきました。 それは…… 「パーカー1枚じゃ足りない! 」 ということ。 私は「やや厚手のパーカー」と「ウルトラライトダウン」を1着ずつ持っていったのですが、それでも困ったことがたくさんありました。 まず、思っていた以上に寒かったので毎日同じパーカーを着なくてはいけない。 そして、1着だけだと洗い替えができない 。 それから、特に冷え込む夜はパーカー1枚では耐えきれないほど寒く、「せめてあったかい長袖トップスが他にあれば……」と願わずにはいられませんでした。 またバギオに行く機会があれば、次は必ずあったかい服を携えて行きたいと思います。 持っていく服のおすすめ構成 自分の失敗談を踏まえ、今の私が考えるおすすめの構成は以下です。 ウルトラライトダウン 1着 軽くて暖かい。まさに最強。 学校でもバスの中(めちゃくちゃ寒い)でも大活躍です。 厚手のパーカー 2着(色違い) 学校生活の必需品。 やや嵩張るので、予算があれば現地で買うもアリ。 長袖トップス 2着 たまに現地の店だととんでもない柄の商品しかなかったりするので、 お気に入りのものがあれば持ってくるのが◎ Tシャツ 3−4着 バギオはだいたい肌寒いとはいえ、日中は気温が急激に上がることもあります。 よほどの寒がりでない限りは数着のTシャツが要るでしょう。 ボトムス 3−4着 よほどのオシャレさんでない限りはジーンズを着まわすのが最強です。 パジャマ 1−2着 トランクに余裕があれば、長袖・半袖両バージョンのパジャマが欲しいところ。 私は比較的暑がりな方ですが、寮ではいつも長ズボンを履いていました。 (女性の方は)ワンピース 1−2着 薄手のワンピースがあるとトランクの中身もスッキリするのでおすすめです。 靴下、下着 1週間分 この辺りは現地でも安く買えるので、可能な範囲で持ってきましょう。 まとめ【過度なオシャレは不要】 色々と説明しましたが、要するに「パーカーは2枚必要 」という話です。 またバギオはセブやマニラと違い、ファッションの面でもかなり保守的な地域です。 具体的に言うと、現地女性のほとんどが長袖長ズボンで生活しています。 学校によっては短パンが禁止されているところもありますし、ただでさえ外国人はスリなどの被害に遭いやすいので 「あたたかく、派手すぎない服装 」を心がけることをオススメします。